経験がなくても実現できる、ITエンジニアへの転職

売り手市場の転職スクール

売り手市場でも迷わない賢い転職のすすめ

あたらしい記事

サイトについて

サイトについて金融機関からIT業界に転職し、業務用アプリケーションの開発からマルチメディアの開発に転身、その後、ゲーム業界を経験し、モバイル機器の普及に伴って、スマートフォン向けの医療診断アプリを開発と、大小さまざまな(?)転職経験者です。その経験をベースに今の売り手市場での転職をよ~く考えてみました。

未経験からエンジニアへの転職

未経験からエンジニアへの転職

IT業界は常に最先端をいく業界のため、常に新たな知識とスキルを持ったエンジニアが求められています。そのためエンジニアはかなりの不足傾向にあるため、売り手市場が継続しています。ITエンジニアというとプログラマが浮かびますが、他にもいろいろな職種があり、例えば、システムエンジニア、運用・保守担当者、ネットワーク技術者、ネットワーク管理者等々です。ITエンジニアは、それぞれがそれなりの専門知識を持つ必要がありますので、未経験者が転職するにはなかなか難しい時期が続いていました。しかし、最近の傾向として、プログラム言語の簡素化や開発環境の充実、開発期間短縮の要請に対する開発方法の変化などにより、エンジニア未経験でもIT業界に転職する人が増えてきている傾向にあります。

未経験からのスタート

そもそも、最近はインターネットの常時接続が当たり前であり、PCやスマートフォンの普及によりアプリケーションに触れる機会も多いため、その延長線上にあるIT業界に少しでも興味を持つことができれば、エンジニアへのスタートを切ることができます。また、エンジニア未経験であっても、社会人としての経験があるため、社内外の人とビジネス的なコミュニケーションが取れたり、顧客へのプレゼン、折衝したりということができるわけですから、そちらにウエイトを置いた営業的SEのような立ち位置からIT業界の仕事をスタートすることができます。

未経験者の準備

しかし未経験からのエンジニア、特にプログラマに転職するためには、知識を身に付けるための努力は必要となります。たいていのIT系の会社では教育プログラムを持っていたり、実際のプロジェクトに参加しながらトレーニングをしていく方式を取っていきますので、いきなり一人で現場に放り込まれることはありません。
まず、採用時にエンジニアの適性があるかを見極められますので、そこは自力でカバーできるように転職の準備をしていくことになります。IT業界専門の転職サイトもありますので、積極的に活用しましょう。転職サイトではコンサルタントやカウンセラーがいて、未経験者でもスタートラインに立てるようにアドバイスをしてくれます。エンジニアの適性があることさえアピールできれば、そこから先へ進むことは可能です。
但し、エンジニアという職業はチームでプロジェクトを進めることが大半ですが、そのチームの中での作業は個人のペースに委ねられることが多いです。スケジュールまでに間に合いそうもない場合は、残業をしてでも追いつかなければいけないという厳しい面もあります。追い込まれないためにも、チーム内でコミュニケーションを取りながら、前倒しで仕事を進め、場合によっては周りにわかりやすいように助けを求めることも必要です。
未経験からでもエンジニアへの転職はできますが、そのための努力も必要なのです。


ピックアップ

女性の転職売り手市場
女性の転職売り手市場

求職者の売り手市場の状況は、女性の転職についても例外なく起こっています。その内容としては、一般職よりも総合職で、大手企業に限らずベンチャー企業も女性の転職を積極的に受け入れています。特に出産後の女性の転職採用は、企業内にロールモデルを作る意味でも増え続けるトレンドです。→ 続きはコチラ

売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント
売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント

ITエンジニアは不足していることもあり、売り手市場が続いています。
だからといって、すべてのエンジニアの転職がうまくいくとは限りません。エンジニアの転職を成功させるポイントは何でしょうか?このページでは、その成功させるポイントとして4点ご紹介いたします。→ 続きはコチラ

看護師の転職
看護師の転職

看護師は離職や転職の多い職場です。なんらかの理由で離職し、新たな勤務先を見つけて転職する看護師があとを絶たないのですが、長く勤められる良い転職先を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?有効なのは看護師専用転職サイトの活用です。→ 続きはコチラ