プライベートな時間を大切にするエンジニアの転職

売り手市場の転職スクール

売り手市場でも迷わない賢い転職のすすめ

あたらしい記事

サイトについて

サイトについて金融機関からIT業界に転職し、業務用アプリケーションの開発からマルチメディアの開発に転身、その後、ゲーム業界を経験し、モバイル機器の普及に伴って、スマートフォン向けの医療診断アプリを開発と、大小さまざまな(?)転職経験者です。その経験をベースに今の売り手市場での転職をよ~く考えてみました。

エンジニアの時間を大切にする転職

エンジニアの時間を大切にする転職

エンジニアの転職の動機は人それぞれ多種多様です。現在の職場の人間関係が良くなくてストレスになっているからとか、給与は安いのに残業時間が多く、しかも残業手当が満額支払われることがないという待遇面の問題があるからとか、自分のスキルを活かしてキャリアアップを図りたいから等々いろいろあるはずです。今が売り手市場だから!と、それだけの理由で転職をする人はいないと思いますが、売り手市場のこの機会に日頃不自由に感じていたことを解消しようと考える人がいてもおかしくありません。

パレートの法則

ITエンジニアの場合、スキルがアップしていくと仕事の処理スピードも上がっていくので、スケジュール通り仕事が捗り、定時に業務を終えることができそうなのですが、実はスキルのある人ほど仕事が集まってくるため(仕事を多く割り当てられるため)、残業が増える傾向にあります。会社の2割の社員が、会社全体の8割の仕事を処理する(あるいは8割の売上をあげる)というパレートの法則のようなことが起こるのです。

優秀な社員の転職理由

その結果、その優秀なエンジニアは社内で認められ、給与等の待遇面は優遇されていくけれど、プライベートな時間が少なくなっていくという現象が起きます。(優秀で仕事が多いけれど、待遇面が良くなければ、即、転職の理由になります)
そこで、会社や仕事に不満はないけれど、プライベートな時間を確保したいということが転職の動機となることがあります。独身者で仕事が第一と言う人であれば、転職の動機にはないかもしれませんが、家族がいる場合はプライベートな時間の確保は重要です。
待遇面が変わらなくても、時間を確保できる転職先を探すことが第一条件になりますが、それは定時に会社を出ることができる職場なのか、通勤時間を短縮できる場所にある職場なのか、あるいは在宅勤務が認められている職場なのか。こういった細かい条件で転職先を探すのは、忙しい現場にいるエンジニアには困難なことです。

エージェントを利用するメリット

そこでITエンジニア専門の転職サイトに登録すれば、そこのエージェントにこれらの条件にあう職場をピックアップしてもらうということが可能になります。その上でコンサルタントと、実際にどのような転職をするのがベストなのかという相談をして、アドバイスを受けながら転職先を選択していきます。
転職サイトに登録している会社は、転職が決まるまでは秘密厳守で対応してくれますので、条件に合う会社数社と納得がいくまで話し合いをすることができ、後悔のない転職を進めていくことができます。
自分のキャリアプランの中でどこを重視するかによって転職の方向性も変わってきます。そこをしっかり見極めておくことが大切です。


ピックアップ

女性の転職売り手市場
女性の転職売り手市場

求職者の売り手市場の状況は、女性の転職についても例外なく起こっています。その内容としては、一般職よりも総合職で、大手企業に限らずベンチャー企業も女性の転職を積極的に受け入れています。特に出産後の女性の転職採用は、企業内にロールモデルを作る意味でも増え続けるトレンドです。→ 続きはコチラ

売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント
売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント

ITエンジニアは不足していることもあり、売り手市場が続いています。
だからといって、すべてのエンジニアの転職がうまくいくとは限りません。エンジニアの転職を成功させるポイントは何でしょうか?このページでは、その成功させるポイントとして4点ご紹介いたします。→ 続きはコチラ

看護師の転職
看護師の転職

看護師は離職や転職の多い職場です。なんらかの理由で離職し、新たな勤務先を見つけて転職する看護師があとを絶たないのですが、長く勤められる良い転職先を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?有効なのは看護師専用転職サイトの活用です。→ 続きはコチラ