成功ポイントをチェックして、希望の転職を実現する

売り手市場の転職スクール

売り手市場でも迷わない賢い転職のすすめ

あたらしい記事

サイトについて

サイトについて金融機関からIT業界に転職し、業務用アプリケーションの開発からマルチメディアの開発に転身、その後、ゲーム業界を経験し、モバイル機器の普及に伴って、スマートフォン向けの医療診断アプリを開発と、大小さまざまな(?)転職経験者です。その経験をベースに今の売り手市場での転職をよ~く考えてみました。

売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント

売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント

ITエンジニアは不足していることもあり、超売り手市場が続いています。だからといって、すべてのエンジニアの転職がうまくいくとは限りません。エンジニアの転職を成功させるポイントは何でしょうか?繰り返しになるところもありますが、ここでまとめてみたいと思います。

1.まず自分の立場を自覚する

ITエンジニアが売り手市場だからといって、すぐに目の前にある少しだけ条件のいい会社に転職するような行動はNGです。まず、自分がどのような現状にあるか自覚しましょう。現状にどんな不満があるのか、仕事に対してどんな希望があるのか、そういったことを明確にします。ノートに書きだすなど、目に見える形にすると、頭の中の整理もできます。

2.転職の目標を設定する

自分の立場を自覚して、現状を明確にしたらそこからスタートして自分が理想とする目標を設定します。目標が設定されていないと、転職を何度も繰り返すことになります。繰り返すことが悪いということではないですが、採用する企業からみると、短期間に転職を繰り返している求職者は何か問題があるのかもしれないと、勘ぐられ敬遠されることもあります。転職に明確な目標があり、その意図が説明できれば、問題はないでしょう。

3.転職サイトを利用する

ハローワークや求人誌などで自分で転職先を探す方法もありますが、目標にあった転職先を探すにはIT専門の転職サイトを利用するのが、圧倒的に有利です。企業側も優秀な人材を採用する目的で本腰を入れていますし(ハローワークの登録と違って、企業側が費用を負担しています)、詳細な情報も提供しています。何よりも転職サイトのエージェントやコンサルタントが、今まで培ったノウハウや情報を持っているのが大きいです。但し、転職サイトもいろいろありますので、ネットの評判や周りに実際に利用したことのある人がいる場合は情報を収集して、間違いのないサイトを選びましょう。

4.会社選びには妥協しない

転職先の候補がいくつか見つかったら、面接を設定して(転職サイトではエージェントが調整してくれます)、実際に企業の担当者と会うことになります。その際には自分の転職の目的や目標をはっきり話しましょう。希望ばかり話すのではなく、自分の技術力をアピールするために、自分の開発したプログラムなどを使ってプレゼンできると、話が早いかもしれません。そして、最終的に会社を選ぶにあたっては妥協は禁物です。あくまでも自分の目標を達成するための転職先を選べるまで根気よくやっていきましょう。

以上の4つのポイントを転職活動の参考していただければと思います。


ピックアップ

女性の転職売り手市場
女性の転職売り手市場

求職者の売り手市場の状況は、女性の転職についても例外なく起こっています。その内容としては、一般職よりも総合職で、大手企業に限らずベンチャー企業も女性の転職を積極的に受け入れています。特に出産後の女性の転職採用は、企業内にロールモデルを作る意味でも増え続けるトレンドです。→ 続きはコチラ

売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント
売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント

ITエンジニアは不足していることもあり、売り手市場が続いています。
だからといって、すべてのエンジニアの転職がうまくいくとは限りません。エンジニアの転職を成功させるポイントは何でしょうか?このページでは、その成功させるポイントとして4点ご紹介いたします。→ 続きはコチラ

看護師の転職
看護師の転職

看護師は離職や転職の多い職場です。なんらかの理由で離職し、新たな勤務先を見つけて転職する看護師があとを絶たないのですが、長く勤められる良い転職先を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?有効なのは看護師専用転職サイトの活用です。→ 続きはコチラ