転職活動をサポートしてくれる転職エージェントの特徴について

売り手市場の転職スクール

売り手市場でも迷わない賢い転職のすすめ

あたらしい記事

サイトについて

サイトについて金融機関からIT業界に転職し、業務用アプリケーションの開発からマルチメディアの開発に転身、その後、ゲーム業界を経験し、モバイル機器の普及に伴って、スマートフォン向けの医療診断アプリを開発と、大小さまざまな(?)転職経験者です。その経験をベースに今の売り手市場での転職をよ~く考えてみました。

転職エージェントの特徴を知り、求職活動に役立てる

転職エージェントの特徴を知り、求職活動に役立てる

転職エージェントを利用するメリット

「初めての転職で不安がある」「効率良く転職活動を進めたい」というときに頼りになるのが転職エージェントというサービスです。求人情報を公開しているだけのサイトとは違い、転職エージェントは登録すると一人ひとりにキャリアアドバイザーがつき、転職を活動をサポート。そのため、下記のようなメリットを実感できます。

・キャリアデザインの相談ができる
・公開求人&非公開求人を問わず、条件に合う求人案件を紹介してくれる
・求人票ではわからない企業の内情を教えてくれる
・応募書類の添削や面接対策をしてくれる
・条件交渉や面接日程の調整を代行してくれる

しかも、多くの転職エージェントでは、これらのサービスを無料で提供しています。

転職エージェントを利用するデメリット

仕事探しを全面的にバックアップしてくれる転職エージェントにはいくつものメリットがありますが、その反面デメリットもあります。そのため、リスクもきちんと把握しておかなければ、自力で転職活動をするときよりも余計にストレスを感じてしまうことになりかねません。そこで、ここでは転職エージェントの利用に伴う主なデメリットをピックアップします。

・時間を設け、転職エージェントと面談をしなければならない
・エージェントの都合で条件を満たしていない求人案件を紹介されることがある
・転職活動期間が長期化すると、仕事の紹介が減る可能性がある
・キャリアコンサルタントごとにサポートスキルに差がある
・キャリアコンサルタントと相性が合わない

転職エージェントを利用する場合、このような点に不満を感じることがあるようなので、利用の前に各サービスの評判をしっかりと調べておくことをおすすめします。

転職エージェントを利用する際に抑えておきたいこと

上記の項目でお話したのは、転職エージェントを利用した方からよく耳にするメリットとデメリットのほんの一例です。しかし、どちらも求職者を一喜一憂させる内容だといえるでしょう。
また、転職エージェントは多様化しており、さまざまな職種に対応している総合型や特定の業界に精通している特化型、若年層やミドル層などにターゲットを絞った会社などがあります。したがって、賢く利用するためには、複数の転職エージェントをリサーチし、自分に合ったところに登録をするようにしましょう。
そして、転職エージェントに登録後も仕事探しを丸投げするのではなく、あくまで主体的な姿勢で転職活動を行うことが大切です。


ピックアップ

女性の転職売り手市場
女性の転職売り手市場

求職者の売り手市場の状況は、女性の転職についても例外なく起こっています。その内容としては、一般職よりも総合職で、大手企業に限らずベンチャー企業も女性の転職を積極的に受け入れています。特に出産後の女性の転職採用は、企業内にロールモデルを作る意味でも増え続けるトレンドです。→ 続きはコチラ

売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント
売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント

ITエンジニアは不足していることもあり、売り手市場が続いています。
だからといって、すべてのエンジニアの転職がうまくいくとは限りません。エンジニアの転職を成功させるポイントは何でしょうか?このページでは、その成功させるポイントとして4点ご紹介いたします。→ 続きはコチラ

看護師の転職
看護師の転職

看護師は離職や転職の多い職場です。なんらかの理由で離職し、新たな勤務先を見つけて転職する看護師があとを絶たないのですが、長く勤められる良い転職先を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?有効なのは看護師専用転職サイトの活用です。→ 続きはコチラ