転職の売り手市場は女性にも広がっている

売り手市場の転職スクール

売り手市場でも迷わない賢い転職のすすめ

あたらしい記事

サイトについて

サイトについて金融機関からIT業界に転職し、業務用アプリケーションの開発からマルチメディアの開発に転身、その後、ゲーム業界を経験し、モバイル機器の普及に伴って、スマートフォン向けの医療診断アプリを開発と、大小さまざまな(?)転職経験者です。その経験をベースに今の売り手市場での転職をよ~く考えてみました。

女性の転職売り手市場

女性の転職売り手市場

求職者の売り手市場の状況は、女性の転職についても例外なく起こっています。
その内容は、一般職よりも総合職で、大手企業に限らずベンチャー企業も女性の転職を積極的に受け入れています。その部門も多種多様で、営業部門、マーケティング部門、広告宣伝部門、総務部門など基本的には男性の場合と同様です。
ただ、女性の総合職の転職は、男性の転職に比べて絶対数が少ないので、増えている実感はないかもしれません。しかし、今後も増え続けていくのは間違いないと思われます。

女性の出産

その女性の転職の中でも、男性と決定的に違うのが、出産後の転職の増加です。女性の場合、出産・育児に伴う休暇を取ることはできますが、産前・産後休暇、育児休暇のあと、部門異動がある場合もあり、会社に居づらくなることもあります。また、そういう状況を想定して出産前に退職するケースもあります。このような形での優秀な人材の流出は会社にとって大きな損失です。

出産後の転職

そこで、最近増えているのが、出産後の女性の転職採用なのです。
会社側のねらいは、育児をしながら働く優秀な女性をそれなりのポストで迎え入れることによって、働く女性のロールモデルを作ることであり、育児をしながら働く女性の目を通して女性にとって働きやすい職場かどうかをチェックしてもらうということです。
働く女性のロールモデルを作ることは、若い女性社員が出産後も継続して働くことができるというシグナルになりますし、男性上司に相談しづらいことも安心して相談できる風土を作ることにもなります。また、女性にとって働きやすい職場かどうかをチェックしてもらうことで、具体的に出産後の女性が働きやすくなるための改善策を引き出すことが可能になるのです。こういった細かい目配りは、現在勤務中の独身女性の流出を防ぐとともに、外部から優秀な女性社員を採用するための引き金となるのです。

女性の可能性

そして、出産後の女性の転職採用は、社内の内部統制ばかりでなく、営業の現場でも大いに役立つ可能性があります。それは、普段なかなか聞くことのできない、家事・育児と仕事を両立させている女性の目で見た商品開発です。一般の主婦へのアンケートやモニターでは入手できない本音の意見が、社員だからこそ提示することができ、それを活かした商品の開発に結び付けることが可能になるのです。
雇用は男女の差別なく、平等に行うのが法の原則ですが、女性ならではの視点を活かすことによって、ほかの女性のキャリアプランが明確になったり、新商品の開発も見込めますので、女性転職者の積極的採用は増えていくのです。


ピックアップ

女性の転職売り手市場
女性の転職売り手市場

求職者の売り手市場の状況は、女性の転職についても例外なく起こっています。その内容としては、一般職よりも総合職で、大手企業に限らずベンチャー企業も女性の転職を積極的に受け入れています。特に出産後の女性の転職採用は、企業内にロールモデルを作る意味でも増え続けるトレンドです。→ 続きはコチラ

売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント
売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント

ITエンジニアは不足していることもあり、売り手市場が続いています。
だからといって、すべてのエンジニアの転職がうまくいくとは限りません。エンジニアの転職を成功させるポイントは何でしょうか?このページでは、その成功させるポイントとして4点ご紹介いたします。→ 続きはコチラ

看護師の転職
看護師の転職

看護師は離職や転職の多い職場です。なんらかの理由で離職し、新たな勤務先を見つけて転職する看護師があとを絶たないのですが、長く勤められる良い転職先を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?有効なのは看護師専用転職サイトの活用です。→ 続きはコチラ