転職の基本を知って、売り手市場の波に乗る

売り手市場の転職スクール

売り手市場でも迷わない賢い転職のすすめ

あたらしい記事

サイトについて

サイトについて金融機関からIT業界に転職し、業務用アプリケーションの開発からマルチメディアの開発に転身、その後、ゲーム業界を経験し、モバイル機器の普及に伴って、スマートフォン向けの医療診断アプリを開発と、大小さまざまな(?)転職経験者です。その経験をベースに今の売り手市場での転職をよ~く考えてみました。

エンジニアの希望企業への転職

売り手市場の転職を考える

売り手市場と言われている昨今の就職市場ですが、転職市場も同様に売り手市場が続いています。 ですが、だれでも簡単に転職できるというわけではないのです。その理由としては、転職をするにあたっては押さえておかなければならないポイントがあるからです。転職のパターンや、転職先を探す有効な方法を知らなければなりません。特に、転職先を探す際に多くの人が利用するハローワークとスカウト機能や気になっている企業へ気軽に質問できる転職サイトなどの違いは、転職希望者にはぜひ知っておいていただきたい事項です。 併せて、今後ますます増え続け、社会的に重要になってくる出産後の女性の復職、または転職についてもご紹介致します。

転職パターンを知る

転職パターンを知る

売り手市場の転職市場ではありますが、すべての転職希望者がハッピーエンドとなるような転職ができるわけではありません。
転職には、転職希望者と求人企業、それぞれのタイミングがあり、転職する側と採用者側の求人パターンがあります。
どういったタイミングで、どのようなパターンで転職を実現するかは、人それぞれ多種多様ですが、ひとつ言えることは、転職の理由をもとに、転職すべき企業はどこなのかを明確にして、その企業の情報を収集するなどの"転職のための努力"をおしまないことが重要です。→ 続きはこちら

転職サイトとハローワークの違い

転職サイトとハローワークの違い

転職希望者が転職先を探す場合に利用する時に一般的な方法としては、ハローワークと転職サイトの利用があげられます。
ハローワークと転職サイトの大きな違いは、求人企業が求人登録をする場合、ハローワークは全て無料ですが、転職サイトは登録料と転職成立時の成約料が発生するという"求人企業側の費用の差"となります。
この差が象徴するように、ハローワークはあくまでも登録された企業の情報を精査することなく公開となりますが、転職サイトはその企業情報を吟味し、その企業が求める人材が確保できるようにその求人内容のチェックを行います。→ 続きはこちら

女性の転職売り手市場

女性の転職売り手市場

最近では、女性の転職も売り手市場です。
特に出産を経験した女性を採用することによって、会社の女性社員に対する考え方を世間に表明するとともに、その女性に、女性が働きやすくするための改善や新たな施策を打ち出させることによって、同僚の女性社員が流出するのを防ごうとするものです。社内に出産後に働く女性というロールモデルを置くことにより、ほかの女性社員も目標が明確になり働きやすくなるのです。
さらに、家事と仕事を両立する女性の視点からの新商品の企画・開発も見込めるため、女性の転職市場の追い風はまだまだ続きます。→ 続きはこちら

ピックアップ

女性の転職売り手市場
女性の転職売り手市場

求職者の売り手市場の状況は、女性の転職についても例外なく起こっています。その内容としては、一般職よりも総合職で、大手企業に限らずベンチャー企業も女性の転職を積極的に受け入れています。特に出産後の女性の転職採用は、企業内にロールモデルを作る意味でも増え続けるトレンドです。→ 続きはコチラ

売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント
売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント

ITエンジニアは不足していることもあり、売り手市場が続いています。
だからといって、すべてのエンジニアの転職がうまくいくとは限りません。エンジニアの転職を成功させるポイントは何でしょうか?このページでは、その成功させるポイントとして4点ご紹介いたします。→ 続きはコチラ

看護師の転職
看護師の転職

看護師は離職や転職の多い職場です。なんらかの理由で離職し、新たな勤務先を見つけて転職する看護師があとを絶たないのですが、長く勤められる良い転職先を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?有効なのは看護師専用転職サイトの活用です。→ 続きはコチラ