人手不足により売り手市場になっている薬剤師の転職について

売り手市場の転職スクール

売り手市場でも迷わない賢い転職のすすめ

あたらしい記事

サイトについて

サイトについて金融機関からIT業界に転職し、業務用アプリケーションの開発からマルチメディアの開発に転身、その後、ゲーム業界を経験し、モバイル機器の普及に伴って、スマートフォン向けの医療診断アプリを開発と、大小さまざまな(?)転職経験者です。その経験をベースに今の売り手市場での転職をよ~く考えてみました。

薬剤師の転職

薬剤師の転職

薬剤師の離職

先程、薬剤師は人手不足のため売り手市場だと記しましたが、実は薬剤師国家試験に合格し資格を保持している人はたくさんいらっしゃいます。それなのに人手不足に陥っているのは、単純に需要に対して資格保持者の人数が足りていないというのもありますが、薬剤師という仕事から離れてしまう人がいることも原因の1つとして挙げられるでしょう。もちろん育児や介護など、やむを得ない理由により離職を選択した人もたくさんいるはずです。しかし仕事や職場環境に不満を抱き、それが積もり積もって離職を決断した人がいるのもまた事実。それではその仕事や職場環境への不満とは何があるのでしょうか。

薬剤師の離職理由

薬剤師の離職理由はいくつか考えられますが、例えば職場の人間関係が合わないというものが挙げられます。人間関係の問題は何も薬剤師に限った話ではありません。どの職種においても付いて回る問題だといえるでしょう。しかし薬剤師が活躍している職場は少ない人数で仕事を回している調剤薬局などが多く、人員の変化が少ないという特徴があります。そのため一度人間関係がギクシャクしてしまうと、それを自分たちの力でどうにか改善できない限りその状態がずっと続いてしまう可能性があるのです。
またその他の離職理由として給料が低いというものも挙げられます。薬剤師の多くは調剤薬局に就職しますが、調剤薬局は他の職場に比べて年収が低く大きな昇給もあまり望めません。頑張って働いているのに収入が少なく今後も上がる見込みがないとなると、たとえそれ以外に不満がなくても働くのがツライと感じてしまうものです。離職を決意してしまうのも頷けるものでしょう。

薬剤師の転職

職場の人間関係は他の職場に移ることでリセットすることができます。ある程度の規模を誇る調剤薬局であれば、他の店舗に異動できる可能性があるため願い出てみると良いでしょう。異動できない場合は転職することで解決可能です。堪え続けても良くなるとは限らないので、心身を壊す前に行動に移すようにしましょう。
給料が低いという不満も転職で解決できる可能性があります。薬剤師は、調剤薬局だけでなく製薬会社やドラッグストア、病院、自衛隊などでも活躍していますが、職場により給料が違います。特に製薬会社とドラッグストアは他の職場よりも給料が高いことが多いため、選択肢の1つとして頭に入れておくと良いでしょう。

薬剤師の転職サイト

薬剤師が転職する場合、薬剤師専門の転職サイトを利用することをおすすめします。特に職場環境は実際に働き始めてからでなければ見えてきません。せっかく転職したのに同じような問題を抱えてしまう可能性もあるのです。そこで新しい職場を探す時に転職サイトのコンサルタントに相談すると良いでしょう。コンサルタントは求人には載っていない転職先の詳しい情報も持っています。相談することでそういった情報を得られるため、決断の手助けとなるはずです。またコンサルタントには多くの薬剤師の転職に関わってきた経験があります。今までの経験で培ってきたノウハウを活かして転職をサポートしてもらえるため、自分の希望に合った職場に転職できるでしょう。


ピックアップ

女性の転職売り手市場
女性の転職売り手市場

求職者の売り手市場の状況は、女性の転職についても例外なく起こっています。その内容としては、一般職よりも総合職で、大手企業に限らずベンチャー企業も女性の転職を積極的に受け入れています。特に出産後の女性の転職採用は、企業内にロールモデルを作る意味でも増え続けるトレンドです。→ 続きはコチラ

売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント
売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント

ITエンジニアは不足していることもあり、売り手市場が続いています。
だからといって、すべてのエンジニアの転職がうまくいくとは限りません。エンジニアの転職を成功させるポイントは何でしょうか?このページでは、その成功させるポイントとして4点ご紹介いたします。→ 続きはコチラ

看護師の転職
看護師の転職

看護師は離職や転職の多い職場です。なんらかの理由で離職し、新たな勤務先を見つけて転職する看護師があとを絶たないのですが、長く勤められる良い転職先を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?有効なのは看護師専用転職サイトの活用です。→ 続きはコチラ