歯科衛生士によくある離職理由と転職活動のポイント

売り手市場の転職スクール

売り手市場でも迷わない賢い転職のすすめ

あたらしい記事

サイトについて

サイトについて金融機関からIT業界に転職し、業務用アプリケーションの開発からマルチメディアの開発に転身、その後、ゲーム業界を経験し、モバイル機器の普及に伴って、スマートフォン向けの医療診断アプリを開発と、大小さまざまな(?)転職経験者です。その経験をベースに今の売り手市場での転職をよ~く考えてみました。

歯科衛生士の転職

歯科衛生士の転職

歯科衛生士の離職事情

公益社団法人日本歯科衛生士会の調査によると、歯科衛生士の約7割以上の人が転職を経験しているという結果が出ています。このことから、歯科衛生士の転職は珍しいことではないことが伺えます。 そんな歯科衛生士の離職理由には、「人間関係」「職場の体制」「給与・待遇」に関する不満がよく挙げられているようです。 その中でも、離職を決める決め手になりやすいとされるのがやはり人間関係のトラブル。歯科衛生士はほとんどが女性であることから、女性特有の付き合いで悩まされるケースが少なくありません。お局さまによる嫌がらせや派閥争い、またセクハラ・マタハラといったトラブルも問題になっています。
こうした実情を踏まえると、女性が多い職場であることを考慮した上で、転職前にしっかり現場をリサーチしておくことが重要だといえるでしょう。

職場選びのコツ

転職活動をする際、歯科医院選びはできるだけ慎重に行うことが大切です。 特に歯科衛生士は医師と連携する場面が多くなるため、院長・医師が自分と全く合わない相手であれば、毎日の業務がとにかく苦痛なものになってしまいます。そうならないためにも、必ず見学して院長や医師、スタッフの雰囲気を確かめて、さらに医院の地域での評判や口コミなども入念に調べておくことをおすすめします。 また女性の場合は、将来的に考えて女性にやさしい職場であるかどうかも見ておきたいポイントです。産休が取れて、子育てにも協力的な職場であれば、無理することなく長く働き続けられるでしょう。こうした女性スタッフを支える体制があるかどうかで、医院側がスタッフをどれだけ大切に扱っているかという部分も見えてきます。こうした職場体制の確実な情報を得るためには、見学時や面接時の時などにきちんと産休・育休実績のデータを聞き出すことが重要です。

歯科衛生士の転職サイト

「歯科医院はコンビニの数より多い」と言われるだけあり、理想的な転職先を探し出すのはなかなか大変です。求人が多いのはありがたいことですが、それだけ良い現場を見極める目が必要になってきます。そんな中で、転職のツールとして役立つのが、転職エージェントです。医療の求人に特化したサイト、歯科衛生士だけに特化したサイトなど色々なものが存在しているため、ぜひ活用されることをおすすめします。 業界特化型の転職エージェントを使うことのメリットとしてまず言えるのが、内部情報を収集できること。狙っているエリアの歯科医院と連携している転職エージェントに登録すれば、自分にマッチしている職場かどうかを事前にリサーチすることが可能です。また、非公開求人があるのも注目のポイント。会員のみに開示される優良な求人を紹介してもらえるため、魅力的な職場に出会える可能性が高まります。


ピックアップ

女性の転職売り手市場
女性の転職売り手市場

求職者の売り手市場の状況は、女性の転職についても例外なく起こっています。その内容としては、一般職よりも総合職で、大手企業に限らずベンチャー企業も女性の転職を積極的に受け入れています。特に出産後の女性の転職採用は、企業内にロールモデルを作る意味でも増え続けるトレンドです。→ 続きはコチラ

売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント
売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント

ITエンジニアは不足していることもあり、売り手市場が続いています。
だからといって、すべてのエンジニアの転職がうまくいくとは限りません。エンジニアの転職を成功させるポイントは何でしょうか?このページでは、その成功させるポイントとして4点ご紹介いたします。→ 続きはコチラ

看護師の転職
看護師の転職

看護師は離職や転職の多い職場です。なんらかの理由で離職し、新たな勤務先を見つけて転職する看護師があとを絶たないのですが、長く勤められる良い転職先を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?有効なのは看護師専用転職サイトの活用です。→ 続きはコチラ