知識を生かして転職する医療事務のお仕事

売り手市場の転職スクール

売り手市場でも迷わない賢い転職のすすめ

あたらしい記事

サイトについて

サイトについて金融機関からIT業界に転職し、業務用アプリケーションの開発からマルチメディアの開発に転身、その後、ゲーム業界を経験し、モバイル機器の普及に伴って、スマートフォン向けの医療診断アプリを開発と、大小さまざまな(?)転職経験者です。その経験をベースに今の売り手市場での転職をよ~く考えてみました。

医療事務への転職

医療事務への転職

医療事務のお仕事は、病院や診療所の窓口で受付や会計などを行う仕事ですが、その中心となるのはレセプトと呼ばれる診療報酬請求事務です。保険診療を行った際に国民健康保険や社会保険などにその費用を請求するための事務ですから、経理上最も重要な仕事となります。医療事務には特に資格はいりませんが、保険制度が独特の複雑な仕組みのため、専門学校や通信教育などで勉強をしてその履修の結果としての民間資格があります。このように知識を習得していることができれば、就職や転職に有利となります。

大規模な病院での医療事務

医療事務の現場は病院や診療所ですが、その規模によって仕事の内容も変わってきます。総合病院などの大病院では、医療事務に携わる人員も多数いるため、受付担当やカルテ整理担当、レセプト担当などいくつかの業務で担当分けされることが多いです。その結果、同じ業務を大量にこなしていくことになりますが、病院の診療時間がはっきりしているため、残業が発生することはめったにありません。仕事は単調ですが、勤務時間が明確で、給料もそれなりにもらうことができますので、プライベートを重視する人には勤めやすい職場かもしれません。

小規模な病院などでの医療事務

小さな病院や診療所では、医療事務を担当する人が受付からカルテ整理、診療報酬計算などすべて一人でこなさなければならない職場もあります。場合によっては、医師や看護師の手伝いをしたり、患者さんの検査対象物を臨床検査センターに送る作業などもあり、仕事がバラエティに富み大変忙しいです。
やりがいはありますが、休みがとれなかったり、残業が発生する場合もあります。仕事にやりがいを求める人やスキルアップをしたい人に向いている職場かもしれません。

まとめ

医療事務の転職は、勤め先の規模によって業務の内容がまったく違うので、変化を求めない人は同じ規模の病院を選ぶことをお勧めします。逆に変化を求めての転職やスキルアップのための転職ならば、規模が違う病院を選択することになりますが、事前にその業務の内容を確認することをお勧めします。よく確認しないまま転職をして、想定外の業務で思わぬ苦労をすることがないようにするためです。
この医療事務の根幹となる診療報酬請求事務は特殊な事務作業ですから、そのスキルがあるだけで、転職の門戸は大きく開かれますが、医療制度や薬価基準など頻繁に変更されることもあるので、長くこの業務を続けていくためには、常に医療関係の情報にアンテナを張って、新しい知識を身に付ける貪欲さも求められます。


ピックアップ

女性の転職売り手市場
女性の転職売り手市場

求職者の売り手市場の状況は、女性の転職についても例外なく起こっています。その内容としては、一般職よりも総合職で、大手企業に限らずベンチャー企業も女性の転職を積極的に受け入れています。特に出産後の女性の転職採用は、企業内にロールモデルを作る意味でも増え続けるトレンドです。→ 続きはコチラ

売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント
売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント

ITエンジニアは不足していることもあり、売り手市場が続いています。
だからといって、すべてのエンジニアの転職がうまくいくとは限りません。エンジニアの転職を成功させるポイントは何でしょうか?このページでは、その成功させるポイントとして4点ご紹介いたします。→ 続きはコチラ

看護師の転職
看護師の転職

看護師は離職や転職の多い職場です。なんらかの理由で離職し、新たな勤務先を見つけて転職する看護師があとを絶たないのですが、長く勤められる良い転職先を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?有効なのは看護師専用転職サイトの活用です。→ 続きはコチラ