他業種からの介護業界への転職法

売り手市場の転職スクール

売り手市場でも迷わない賢い転職のすすめ

あたらしい記事

サイトについて

サイトについて金融機関からIT業界に転職し、業務用アプリケーションの開発からマルチメディアの開発に転身、その後、ゲーム業界を経験し、モバイル機器の普及に伴って、スマートフォン向けの医療診断アプリを開発と、大小さまざまな(?)転職経験者です。その経験をベースに今の売り手市場での転職をよ~く考えてみました。

介護業界への転職

介護業界への転職

高齢化社会でますます注目を浴びているのが介護業界です。介護業界に働く人も人手不足で、常に売り手市場となっています。
介護業界は業界内でのスキルアップやキャリアアップのための転職が多い業界でしたが、最近は他業種からの転職が増えてきています。その背景には、長い景気低迷期に未経験者歓迎というスタンスで積極的に採用を行ってきたことが要因としてあります。しかしながら、他業種からの転職者は、仕事の内容をよく理解しないまま志望している人も多く、実際の仕事を始めてから、イメージと違う、仕事がきつい等という理由で短期間で退職するケースがあとを絶たず、中小の事業者は人材育成コストの見返りが期待できないことから、他業種からの転職を控える風潮も出てきています。

ミスマッチを防ぐ

介護業界への転職希望者と求人事業者のミスマッチを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?特に他業種から介護業界へ転職を希望する場合には、事前に介護業界の実態を知る必要があります。介護施設を訪問したり、介護ボランティアを実体験することで、介護の一端に触れることができるはずです。その上で、できれば、ホームヘルパー2級の資格を取得しておきましょう。ホームヘルパー2級は各自治体や民間の養成講座を受講することにより取得できる資格ですから、介護業界への転職を希望するのならば、基本と言えるかもしれません。その上で再度、介護施設を訪問したり、ボランティアに参加したりすると、介護業界へのマインドも変わり、転職の目標も明確になるでしょう。

介護の転職サイト

実際の勤務先を探すには、ハローワークや求人情報誌が一般的ですが、情報量が限られていますので事前に深く情報収集するためには、介護職向けの転職サイトを利用する方法があります。しかし、転職サイトも玉石混淆ですので、ひとつのサイトに限定せず、いろいろなサイトを見比べて、自分にあったサイトを選びましょう。また、インターネット上の口コミ情報も、そのまま鵜呑みにするのは危険ですが、判断するための基準の一つとなりますので、うまく利用しましょう。優良な転職サイトでは、転職の際に是非知りたいより詳しい情報とともにエージェントやコンサルタントが、転職に必要なアドバイスをしてくれますので、有効に活用することにより、希望の勤務先を見つける手助けとなります。
こういった転職の準備を進めていくことにより、資格を持っているのに採用されないとか、採用されたものの、考えていた職場と違うといったことはかなり防げると思います。


ピックアップ

女性の転職売り手市場
女性の転職売り手市場

求職者の売り手市場の状況は、女性の転職についても例外なく起こっています。その内容としては、一般職よりも総合職で、大手企業に限らずベンチャー企業も女性の転職を積極的に受け入れています。特に出産後の女性の転職採用は、企業内にロールモデルを作る意味でも増え続けるトレンドです。→ 続きはコチラ

売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント
売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント

ITエンジニアは不足していることもあり、売り手市場が続いています。
だからといって、すべてのエンジニアの転職がうまくいくとは限りません。エンジニアの転職を成功させるポイントは何でしょうか?このページでは、その成功させるポイントとして4点ご紹介いたします。→ 続きはコチラ

看護師の転職
看護師の転職

看護師は離職や転職の多い職場です。なんらかの理由で離職し、新たな勤務先を見つけて転職する看護師があとを絶たないのですが、長く勤められる良い転職先を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?有効なのは看護師専用転職サイトの活用です。→ 続きはコチラ