医療業界の人手不足解消に一役買う売り手市場の転職法

売り手市場の転職スクール

売り手市場でも迷わない賢い転職のすすめ

あたらしい記事

サイトについて

サイトについて金融機関からIT業界に転職し、業務用アプリケーションの開発からマルチメディアの開発に転身、その後、ゲーム業界を経験し、モバイル機器の普及に伴って、スマートフォン向けの医療診断アプリを開発と、大小さまざまな(?)転職経験者です。その経験をベースに今の売り手市場での転職をよ~く考えてみました。

エンジニアの希望企業への転職

人手不足で売り手市場の医療業界の転職

高齢者社会が進む中で、医療業界の人手不足も続ています。特に看護師の不足は社会問題化しており、有資格者が多くいるにも拘わらず、看護師の職を離れているため、いかに復職させるかというのが人手不足解消の決め手になるのかもしれません。 ここでは、医療事務の転職、看護師の転職、介護業界への転職に焦点を絞って、最良の転職方法はどのような方法か探っていきます。特に看護師の転職は人気看護師転職サイトを例にとって見ていきます。

医療事務への転職

医療事務への転職

医療事務の仕事には特に資格はいりませんが、保険制度が独特で複雑な仕組みのため、専門学校や通信教育などで勉強をしてその履修の結果としての民間資格が存在しています。民間資格でも知識を習得している証ですので就職に有利となります。
医療事務の転職は、勤め先の規模によって業務の内容がまったく違うので、変化を求めない人は同じ規模の病院を選ぶことをお勧めします。逆に変化を求めての転職やスキルアップのための転職ならば、規模が違う病院を選択することになりますが、事前にその業務の内容を確認することをお勧めします。→ 続きはこちら

看護師の転職

看護師の転職

看護師は資格の取得が難しい職業ですが、その勤務環境や人間関係の影響で転職が多いのも事実です。
看護師不足を解消する意味で離職が少ないことがベストですが、離職した人を別な病院に転職させることができれば、それはそれでベターです。納得の転職をするためには、転職サイトの利用がお勧めです。特に人気の高い看護師専用の転職サイトを参考に情報収集の仕方、コンサルタントの利用方法など、転職サイト利用のノウハウを紹介します。→ 続きはこちら

介護業界への転職

介護業界への転職

介護業界は業界内でのスキルアップやキャリアアップのための転職が多い業界でしたが、最近は他業種からの転職が増えてきています。しかしながら、他業種からの転職者は、仕事の内容をよく理解しないまま志望している人も多く、実際の仕事を始めてから、イメージと違う、仕事がきつい等という理由で短期間で退職するケースがあとを絶たず、中小の事業者は人材育成コストの見返りが期待できないことから、他業種からの転職を控える風潮も出てきています。介護業界の転職希望者と求人事業者のミスマッチを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?→ 続きはこちら

ピックアップ

女性の転職売り手市場
女性の転職売り手市場

求職者の売り手市場の状況は、女性の転職についても例外なく起こっています。その内容としては、一般職よりも総合職で、大手企業に限らずベンチャー企業も女性の転職を積極的に受け入れています。特に出産後の女性の転職採用は、企業内にロールモデルを作る意味でも増え続けるトレンドです。→ 続きはコチラ

売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント
売り手市場のエンジニア転職を成功させるポイント

ITエンジニアは不足していることもあり、売り手市場が続いています。
だからといって、すべてのエンジニアの転職がうまくいくとは限りません。エンジニアの転職を成功させるポイントは何でしょうか?このページでは、その成功させるポイントとして4点ご紹介いたします。→ 続きはコチラ

看護師の転職
看護師の転職

看護師は離職や転職の多い職場です。なんらかの理由で離職し、新たな勤務先を見つけて転職する看護師があとを絶たないのですが、長く勤められる良い転職先を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?有効なのは看護師専用転職サイトの活用です。→ 続きはコチラ